ガーナのブライダルは聖歌隊の歌で盛り上がる

  • ガーナのブライダルは聖歌隊の歌で盛り上がる

    • ガーナは国民のおよそ7割がキリスト教徒なので、教会でブライダルを行います。
      アフリカの人々は、おおらかな気質を持っている人が多く、時間もそれほど意識しません。招待状をもらって3日後に挙式したり、予定の時間になっても始まらなかったりします。新婦は父親と一緒にバージンロードを歩きます。

      一般的にガーナのブライダルでは、神父のお言葉から始まり結婚の誓い、指輪の交換、誓いのキス、聖歌隊の歌という流れです。


      参加者の服装は日本と比べると、派手な人が多いです。

      アフリカの部族の格好や全身を一色でまとめたコーディネート、ピンクとレースのドレスを着た年配の女性など個性的な面々が集まります。黒人が多いガーナでは、黒い肌に映えるカラフルな服装を好みます。

      新郎新婦は白い服を着るので、白は避けます。しかし小さな子どもが白を着ることもあります。
      ガーナのブライダルには、聖歌隊が欠かせません。
      教会によって構成する男女比は異なりますが、どの聖歌隊もハイレベルな歌声を披露します。

      恰幅の良い人が多く、声量が十分あって神聖な儀式にピッタリです。

      聖歌隊と一緒に子どもたちもお揃いの衣装で登場します。

      聖歌隊や子どもたちが現れると、教会内の雰囲気が一層盛り上がります。
      披露宴はレストランを貸切にして、ビュッフェ形式であることが多いです。

      ガーナの郷土料理が振舞われたり、アフリカンダンスを踊ったりします。ガーナの宴は夜遅くまで盛り上がります。

















  • 関連リンク

    • 看護師が転職する場合には、全国どの地域に於いても未だ解決を見ない慢性的人材不足を背景に、もともと他の職種に比べ多くの求人があります。そして、少子高齢化社会を迎えた現在では、全国各地に介護福祉施設の建設及び増設が進み、これらで多くの人材が求められています。...

    • ブライダルフェアは、結婚を考えている人に結婚披露宴のことが何でも分かるイベントです。新郎新婦の二人で参加する他にも、両親や兄弟、親せきと参加しても構いませんし、友達と参加することも可能です。...